現在管理人がサイト管理用メールアドレスのパスワードを忘却しているため、当サイトへの記事の削除・改善依頼等は左サイドバーのお問い合わせ欄、又は適当な記事のコメント欄にお寄せください。
  メールアドレスが無い場合は対応できませんのでご了承ください。
 又、荒らし行為 ととられる行為は禁止しております。
 規則は守ってください。幼稚園児でも知っています。
 





1: 名前を呼んではいけないあの人(推定50歳代) 2016/03/10(木)18:17:06 ID:DDD

  
台湾コミケ消滅危機騒動



  台湾版「コミックマーケット」とも言われる同人誌即売会「FANCY FRONTIER  開拓動漫祭」第19回にてうしじまいい肉が下半身にパンツ一枚しか着用していない状態で自身のアダルトCDを販売。
  運営スタッフに警告されるも無視して販売を続け、その様子が地元メディアに撮影され台湾全土に放映。
  (この後ようやくスカートははいたらしい。時すでに遅しだが)

  02

  03




  このことが大問題になりイベント二日目には多数のマスコミが会場に殺到。会場側からクレームが入り張本人のうしじまいい肉だけでなく共に参加していたコスプレイヤーも出禁処置。

  元々このイベントには「申し訳ないが過度なエロい衣装はNG」といった暗黙の了解があり、うじしま自身も一緒に参加したコスプレイヤーからそのことを聞いていたとのこと。


  この騒動で会場を貸してくれていた台湾大学が次回以降体育館を貸してくれないのではといった憶測が飛び交い、台湾のSNSや掲示板で一気に話題にされ、日本のイメージが落ちたとの声も。

  主催者や多くの人の奮闘で今も無事イベントは続いているようだが、だからといって罪が消えたわけではない。

 





◆関連する他サイト様の記事
バカな日本人露出狂女のせいで台湾コミケ消滅の危機(探偵ファイル~スパイ日記~)
学べる?ニュース解説・うしじまいい肉さん台湾エロコス事件 (駄チワワ:旅と怪獣舎)







2: 自動エゴサシステム(推定50歳代) 2016/03/10(木)18:19:59 ID:KRSW

 
台北市中ゲリラ露出撮影事件



  上記の台湾コミケに出禁を食らったうしじまいい肉が腹いせかどうかは知らないが台北市内のあらゆる公共施設にて許可を得ずに露出の多い写真を撮影して回っていた事件。

  この撮影は短時間で撮影を終えさっさと次の現場へ移動(逃走)していたようで、警察もリアルタイムで動くことは出来なかった。




  その後、写真ががうじしまのサイトにアップロードされ、その中に停車されていた「パトカー」に寄り掛かって撮影されたものが入っていたことで大きな波紋を広げた。




  この件に対し、なんと台北市政府が公式HPにて公式見解を出した。


 01

 
「車両は
台北市政府警察局中正分局仁愛路派出所の警察車両と確認された。」
 「この品位に欠けた写真が拡散され、該当分極の公的イメージは重大な影響を受けた。」
 「法律に抵触する恐れがあると通知し、調査して法的責任を追求し、公的イメージを維持する。」
 
  といったもの。

  写真は削除したようだが、公に謝罪等はしていない。



◆関連する他サイト様の記事
うしじまいい肉に台北市政府/警察が激怒!捜査へ(探偵ファイル~スパイ日記~)





 
3: コスプレイヤー制度に対する重大な挑戦(推定50歳代) 2016/03/10(木)18:20:34 ID:KRSW

  
コミックマーケット出禁



  「コミックマーケット」の企業ブースにてうしじまいい肉が自身のROMを委託販売し、それを知ったコミックマーケット準備会から警告受けるも無視して販売を続けた事件。

  これが原因となり以後「コミックマーケット」へのサークル参加を断られ続けている。




 
4: 森園ヒカリ以下のガラクタダッチワイフ(推定50歳代) 2016/03/10(木)18:20:35 ID:KRSW

  
Wikiサイト白紙化荒らし



  うしじまいい肉にとって都合の悪いことが書かれている、「Wikipedia」を初めとする各Wikiサイトに対し、ユーザーが自由に記事を編集出来る機能を悪用し、記事の内容をすべて削除する、いわゆる「白紙化荒らし」を何度も行っている。


  いくらユーザーが自由に編集できるとはいえ記事の著作権自体は「Wikiサイト」が保持しており、勝手に記事を実質的に削除する行為は著作権侵害に当たる。


  うしじまは「自分は全くの一般人であり、活動等を勝手に記事にされるのはプライバシーの侵害」と言い訳をしているが、写真集を発売したり、コスプレイヤーとして何度もマスコミに出演したり等、既に芸能人と呼べる存在であり、かつ各Wikiサイトに掲載されているのは「信頼でき客観的に独立し、対象者から独立し、公にされた二次情報源」を元にしたものであり、うしじま自身が許可して公表した情報であるためプライバシーの侵害でも何でもない。「Wikipedia」や「唐澤貴洋wiki」等でもこのことが指摘されている。


  reger
  ▲「Wikipedia」 うしじまいい肉記事の削除議論ノートより


  wqdqwdw
  ▲「唐澤貴洋wiki」 うしじまいい肉の記事のトップ。 うしじまのせいで一度閉鎖に追いやられたwiki。




 

1002: 以下、名無しにかわりまして私がお送りします 0000/13/32(天)25:00:00 ID:VIPkarakimasuta