rfgg



◆今回の事件について

 実在の弁護士の名前をかたるなどして爆破予告が相次いでいる事件で、自らの犯行だとして警察に出頭していた男がビルのプレートを盗んだとして逮捕されましたが、このビルは、名前を使われた弁護士が以前勤務していた事務所が入っていたとみられることがわかりました。

 この事件は、埼玉県上尾市に住む大学生の男(20)が、去年、東京・港区のビルの外壁にあった住所表示のプレートを盗んだとして逮捕されたものです。

 警察によりますと、男は、去年から全国の市役所などで相次いで爆破予告について、「自分が関与した」として、先月、千葉県警松戸東警察署に出頭。警察が自宅を捜索したところ、プレートがあったことから窃盗の疑いで逮捕しました。

 男は、インターネットの短文投稿サイトに実在の弁護士の名前の一部をかたって、「予告の犯人は当職ナリ」と書き込むなどしていたとみられています。

 その後の取材で、現場となったビルは、この弁護士が以前勤務していた事務所が入っていたとみられることがわかりました。

 爆破予告は今月に入ってからも関東地方を中心に相次ぎ、JNNの調べでは、先週以降、21都府県42件に上っています。このうち、24日午後が爆破予告の時刻となっている神奈川の伊勢原市役所では、朝から警察が捜索を行っていますが、これまでのところ、不審物は見つかっていないということです。警察は、男と一連の爆破予告との関連を慎重に調べています。(24日11:30)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2710395.html?from_newsr








◆共犯者


 報道等で既にご存知の方も多いだろうが今回の事件の容疑者である安藤氏は「Twitter」のアカウントを保有しており、逮捕の直前まで更新していた。
 その中に、『ジッム』『事務所』『藤原太一』と呼ばれる人物に対する呼びかけや、共犯を仄めかす書き込みがたびたび見受けられる。
 実はこれらのあだ名は全て同じ人物を示しており、その人物も掲示板等で安藤氏との共犯や犯罪を仄めかすような書き込みを残している。
 この記事ではその「共犯者」について調べていく。













◆「恒心教」


 今回逮捕された安藤氏は以前から主に「したらば掲示板」、また「2ちゃんねる」や「Twitter」にて様々な窃盗等の犯行を仄めかす書き込みや、その証拠として盗難物と思わしき物品の写真をアップロードしていたりしており、その中には今回逮捕されるきっかけとなった「ビルの住所プレート」も存在した。

 Cb-28O8VAAAkNLy
 ▲掲示板に投稿された盗難されたと思われるビルの住所プレートの写真。
   盗難された場所として報道されている雑居ビルの住所と一致する。




 その掲示板の中には「麻原彰晃掲示板」「イスラム国日本支部掲示板」といった掲示板が含まれていた。
 実はこれらの掲示板は「恒心教」と名乗る架空の宗教団体の管理する掲示板であり、安藤氏自身もそれを理解し、その集団に入る目的で書き込みをしていたと考えられる。


 「恒心教」とは、とある騒動をきっかけにネット住民の攻撃の対象となった高校生(長谷川亮太)とその弁護を依頼されるも手抜きでその場しのぎな対応をし最終的に依頼金だけ奪って高校生を見捨てた超ド級糞野郎弁護士(唐澤貴洋)を誹謗中傷するようになった団体であり、今回の騒動の以外にも「弁護士への殺害予告・爆破予告」「日本語版ランサムウェア散布事件」「グーグルマップ改竄騒動」「Twitterスパムアプリ乗っ取り」といった事件を起こしている。

 更に「恒心教」について詳しく知りたい場合は、以下のサイトを参考にしていただくことをおすすめする。
 ・恒心史 ~唐澤貴洋弁護士の炎上~
 ・唐澤貴洋wiki
 ・【新興宗教】恒心教って、いったい何?【唐澤貴洋】 - 恒心スポーツ





◆「ジッム」と「安藤良太」


 安藤氏はその「恒心教」の中で去年の夏頃から活動し、注目を集めていた。
 そんな中、同時期に「恒心教」の中で行動を起こそうとしていた人物が存在した。
 それが『ジッムこと『藤原太一』であった。
 彼は「恒心教」内で絵を描く、曲を作る等の活動をしていた人物を集めて同人サークルを作り、同人誌即売会「コミックマーケット(通称コミケ)」に乗り込むという企画を提案し、自身をサークル主催者とした。
 最初こそ評判は良かったものの様々なトラブルを起こし、9月頃(夏コミ後)にはネット住民達の大部分は彼に対して不信感を募らせていた。
 ・泥沼化するコミケ路線、主催者 亘心綜合音楽事務所の本性


 しかし、安藤氏は8月中旬頃から活動を始めていたため、『藤原太一』については全く知識がなく、彼の評判もほとんど耳に入っていなかったと思われる。
 『藤原太一』はそこを利用し、「恒心教」内である程度人気が出始めていた安藤氏を同人サークルの傘下に加え入れた。
 
※この行動の真意は不明だが、人気がある人物を手下に置いたことによる優越感や、自身も有名になったという錯覚を味わいたかったことが原因だと考えられる。

 これを機に『藤原太一』は何度か安藤氏と共に「長谷川亮太」「唐澤貴洋」への嫌がらせを決行するようになった。


 余談:
 彼らの繋がりは数か月ほどでで切れることになる。
 主な理由は藤原太一と安藤氏の間に金銭トラブルがあったこととされている。






◆「藤原太一」の爆破予告


 安藤氏のTwitterに、このような発言がある。




 文章から察するに、上記三件の爆破予告は『藤原太一』が爆破予告文を書き、安藤氏のPCから投稿したということだろうか。
 また、安藤氏とTwitterのダイレクトメール機能を使用した非公開のやり取りが公開されており、それを見るに『藤原太一』は自身のPCから匿名化ソフト「Tor」を使って爆破予告をしたこともあるようだ。
 警察もそれを把握しているようである。

 ※「Tor」とは、簡単に言えば何の痕跡も残さずネットサーフィン出来るようなソフトである。米軍が開発したソフトがオープンソース化したものであり、その技術力の高さは言うまでもない。詳しくはこちら


 QG1U87j

 3zxpl7l

 Af5AqHi

 tukWwnZ





◆「藤原太一」の余罪


 では、『藤原太一』は他に何か犯罪を犯したのだろうか?
 ほぼ確実とされているのが、『盗品を譲り受け、コミックマーケットで頒布した』ことである。

 安藤氏は「
長谷川亮太」への嫌がらせの一環として、彼の家族が保有する自家用車(日産マーチ)へ「防犯用カラーボールを投擲する」「日産のエンブレムを盗む」といった徹底的な悪戯を行った。(他のネット住民によって生卵を投擲されたり、シールやビラを貼られるといった悪戯も行われた)






 10b457d9-s

 CS4XVNtUEAAFNxq
 
▲上:最初の状態 下:悪戯後。もはや悪戯という域ではない


 安藤氏はその悪戯の一環で「ナンバープレートを盗む」ということを行い、それを解体して半分を長谷川亮太」の実家に送り付けた。
 そして、残った半分を粉砕し『藤原太一』に送った。





 『藤原太一』はその送られてきた盗難ナンバープレートの破片を「星の砂」として「コミックマーケット89」にて頒布した。
 彼はコミックマーケット当日「星の砂」について説明するとき「なにとは言わんがあの金属片入りです」といった説明をしており、盗難されたものと知っていたと思われる。
 盗品を頒布すること自体は罪にならないが、今回の場合盗品だと知って他人からタダで譲り受けているため、「盗品等無償譲受罪」に当たる。





 dmimg (26)

 dmimg (25)
 ▲「コミックマーケット89」当日、「藤原太一」のサークルで頒布されていた「星の砂」。


 また、『藤原太一』は自身のTwitterアカウントにて「尊師ール」唐澤貴洋」を誹謗中傷するようなイラストや文が書かれたシールを貼っていることを仄めかす発言をしており、「コミックマーケット89」では全国各地に貼られている尊師ールと同じものを頒布していた。
 もしシールを貼っていたとしたなら、「器物損壊罪」に当たる可能性があり、
 シールの内容によっては「名誉毀損罪」になる可能性がある。


 更に、「サイレントからさん開示」も行ったと言及している。
 サイレントからさん開示とは、「唐澤貴洋」を無断で撮影し、その写真を匿名でインターネット上にアップロードすることを指している。
 要するに「盗撮」である。

 CaM6cybUkAAp1Oe





◆逮捕の可能性は?


 『藤原太一』自身は出頭も自首もしておらず、匿名化ソフトを使っていたとのことなので彼が爆破予告をしたという証拠が出てくる可能性は低い。
 安藤氏の証言だけでは逮捕に踏み切ることも出来ない。
 爆破予告での逮捕は難しいと考えられる。

 しかし、
盗品等無償譲受罪」「器物損壊罪ならば証拠が出てくる可能性もあるのではないか?
 この事件の今後の展開に期待する。





この記事はできる限り事実だと思われる情報を抜粋して執筆しておりますが
一部、証拠が容疑者や関連人物の発言や状況的に見てそうだと思われることも含まれており、
すべてが事実だという確証はありません。
 


 
1002: 以下、名無しにかわりまして私がお送りします 0000/13/32(天)25:00:00 ID:VIPkarakimasuta