ペンタブ


最近Twitterを覗いていると、
『トレパクおばさん』『濡れ衣おばさん』という文字をよく見かける。

『トレパクおばさん』とはいったい誰を表しているのだろうか?
そして何故注目を集めているのか?


この記事は『トレパクおばさん』がそう呼ばれるようになった
経緯を調べ、まとめたものである。




 

◆『トレパクおばさん』とは?

そもそも、『トレパクおばさん』 とは誰を表しているのだろうか?

筆者が調べたところ、
おそらく、↓のアカウントを表わしている可能性が高いと思われる。 

トレパクおばさん1


https://twitter.com/koumyonakakureg 




意図はよくわからないが自分に対するリプライを
ひたすらRTしていることがわかる。
しかし、それだけで炎上するはずはない。



◆経緯

この人は他に何かしたのだろうか?
調べていくと、あるツイートが発見された。














ようやく・・・『トレパクおばさん』と言われている謎が解けた。 

『トレパクおばさん』こと浜澤更紗氏、
なんとイラストを描く際に写真や他のイラストを
`トレ`ースして`パク`っていたのである。


ドライバーや額縁等の小道具はまだしも、
初音ミクやコールセンターのように構図を丸々トレースしてしまうのは、
流石に悪質すぎるだろう。

しかも、イラストを描いて報酬をもらっているのである。
金が動いているのだ。
Twitter等で無償公開するのとは責任の重さが違う。



これだけでも十分問題になるだろう。
しかし、彼女の問題行為はこれだけではなかった。


『艦隊これくしょん』というゲームを知っているだろうか?

旧日本海軍の艦艇を擬人化したキャラクターを戦わせて
ある程度ダメージを負ったらキャラの悲鳴とともに服が破れて
ちょっとえろすなシーンが見られるというゲームなのだが、

その『艦これ』の2014年7月13日に行われた同人誌即売会
『砲雷撃戦!よーい!』で男がパトカーで連行されるという不祥事が発生した。


その事案はネット上で話題になり、さまざまな憶測が飛び交った。
そんな中、『トレパクおばさん』こと浜澤更紗氏が
「犯人は一般人」と断言したツイートを発信した。


もちろん証拠は何一つなかった。
この事は掲示板等に存在する『艦これ』に嫌悪感を抱く人の集まる場所、
いわゆる『アンチスレ』に取り上げられ、大きく話題になった。
この時付けられた呼称が『濡れ衣おばさん』だった。

補足だが、男が連行された理由は未だ判明していない。



◆塗り重ねられる罪

このように『トレパクおばさん』は過去何度にも渡り問題行為を行ってきた。
しかし、今回問題になっているのはこれだけではない。

トレース行為に気づき、Twitterでこの事を注意する方が現れた。
その方々に対し、
「トレースなんてしていない」と逆切れし、注意した人を晒しあげ
挑発するような書き込みをするというとんでもない対応に出たのだ。













ここまで証拠が出ているのに、流石にトレパクしたことはないはないだろう。
百歩譲ってしてなかったとしても、この対応は良いとは言えない。
炎上芸人宣言に至ってはもはや意味が分からない。

もっと燃やしても良いという事だろうか?



◆取材

上記の事を踏まえて、記事を書くという判断をした筆者は、
相手の気持ちを考えてあらかじめ記事を書くということを伝えた。



すると、思いもよらぬ返信が返ってきたのである。
ここからは筆者と浜澤更紗氏のやりとりを見ていただきたい。










はっきり言って、何を言っているのかよくわからないというのが率直な感想だ。
自分のしたことを記事にされたら同人活動に支障をきたすという自覚があるのだろうか?

そもそも『誹謗中傷』というのは根拠もなしに悪口を言うことである。
事実をまとめるだけなのに、根拠が無いものが出てくるはずがない。

事実が悪口になるのだとしたら、それはもはや自業自得だろう。

記事にすることを「脅迫になる」と言っているが、
筆者はむしろ彼女が私に法的処置をちらつかせて
記事を書かないように脅迫しているように見える。

今回の炎上は、この対応の悪さが火種になったのだろう。



◆まとめ

今回の件は、モラルについて考えさせられる。
トレースは許されることではない。それも、商業用のイラストならなおさらだ。

そもそも同人作家という職業自体著作権的にグレーな存在である。
そのような方が法だなんだというのはどうかと思われる。

とはいえ、ここまでの延焼を招いたのは彼女の対応の悪さもあるだろう。
素直に謝ってればいいものの、何故謝罪の一つもできないのだろうか。


相手の顔が見えないSNS、
しかしその向こうにいるのは人間だということをしっかり認識してほしい。




参考にさせていただいたサイト





1002: 以下、名無しにかわりまして私がお送りします 0000/13/32(天)25:00:00 ID:VIPkarakimasuta